”浜”について、地図

浜本町町内会は所属世帯数が850を超える市内有数の大規模町内会です。町内にある行政、教育機関として、中区役所(浜3丁目)、中央警察署(浜1丁目)、操山中高等学校、また近隣に夢二郷土美術館(浜2丁目)があります。  【地図】

中区役所(浜3丁目)

現在

当浜地区は

2016年 中区浜3丁目RSKメディアコム跡に中区役所が建設され、中区の中心となり現在に至る。

2009年 岡山市の政令指定編入に伴い、住居表示が中区浜となり、中区浜3丁目、RSKメディアコム内に中区役所が設置される。

1981年 一部が浜1~3丁目他となる。

1971年 旭川上に新鶴見橋が完成し、原尾島-番町線(402号)も通り、岡山市街地の一角を占めるようになる。

1956年 第一岡山高女と第二岡山中学が統合して県立岡山操山高校となり、分散していた校舎を当地に統合した。

1945年 6月、米軍機による岡山大空襲の一部となり、岡山第一高女が被災する。

1939年 県立第一岡山高女が地内に移転。

1934年 9月、室戸台風において旭川堤防の決壊により深刻な浸水被害を受ける。

明治~大正の浜地区

1915年(大正 4)西大寺鉄道が後楽園駅(浜2丁目、現夢二郷土美術館辺))まで延長され、西大寺-と岡山間の岡山側のターミナルとなる。

1891年(明治24)年 の戸数67、人口は男154・女139、水車場1.

1889年(明治22)~現在の大字名。はじめ宇野村、1931年(昭和6)からは岡山市の大字。

1871年(明治4)岡山県に所属。同9年(1876)上道郡に編入。同22年(1889)宇野村の大字となる。

近世の浜村
江戸期から明治22年(1889)までは備前国御野郡の村。
宇喜多氏、小早川氏の支配を経て、慶長8年(1603)から岡山藩領。
村高は、「領分郷村高辻帳」710石余、「天保郷帳」1,004石余、「旧高旧領」1,003石余。
また、「備陽記」では、高710石余、反別50町 4反余、家数42・人数227、枝村に出屋敷・浜小性町がある。
(浜小性町:宇喜多秀家の小姓たちの住まいがあったと言われる。場所は現在の後楽園入口付近)
貞享3年(1686)藩主池田綱政が津田永忠に命じて、浜村の南部から国富村の西部にかけて後楽園の造成を開始した。
「吉備温故秘録」によると、当村の小性町の地には侍町があったが、後楽園の造成によって人々の家居はなくなり、
地名のみが残ったと記す。
江戸期の当村は、岡山城下へ供給する蔬菜栽培が盛んであった。
ちなみに江戸期の東西交通は乙多見、原尾島から森下の惣門を抜けて古京、京橋で城下に入る山陽道(西国街道)と
旭川の水運が主であった。
平四郎の松
後楽園入り口付近の「平四郎の松」 平四郎の松の説明
言い伝えによると後楽園築庭当時(1700年頃)、この場所にあった浜村の名主平四郎の屋敷の老松の名残だという(現在の松は2代目)

中世以前の浜
中世以前の浜の歴史はほとんど知られていないが、浜地区の小字はすべて「弐ノ坪」のように坪名である
ことから律令時代の班田収受法による「条里制遺構」の地として知られる。

歴史的紹介は平凡社刊『日本歴史地名体系』、『宇野地区の歴史』他によっています。

SNS
検索
ページトップ