会長挨拶

会長 萩原 正彦

操明学区連合町内会は、近年の交通網の整備に伴う、企業の進出や宅地開発の進展による児童数の急増により、140年余の歴史と伝統を誇る操南小学校区の南半分を分離する形で平成8年4月に発足しました。
本年で24年目を迎えましたが、先輩連合町内会長をはじめ役員各位のご尽力と地域の皆様方のご協力により、各種団体の組織も定着充実し、様々な行事や活動を通じて、新旧住民の融和とふれあいを深めることができました。
これからの安全安心のまちづくりに向けて、当学区の大きな課題は東西を百間川、旭川に囲まれ、南を児島湾に面する海抜ゼロメートル地帯のため大地震や風水害に対する自主防災活動であります。

さらには交通安全対策、防犯、環境保全活動とともに、急速に進む高齢化社会に向けての福祉増進に努めるとともに世代間交流や、近隣とのコミュニティづくりを進め、豊かで明るく住みよい地域づくりを目指してまいりたいと思います。
皆様方のより一層のご協力とご支援をお願いします。

   令和元年5月1日

 

SNS
検索
ページトップ