障碍者福祉大会に参加して

投稿日:2018年6月9日

2017.12.9  第37回岡山市障害者福祉大会からの抜粋   13:00~15:00 岡山ふれあいセンター

講演:演題「ゆるやかにつながる、人にやさしいまちをめざして~認知症サポーターに関して~」
講師:松岡宏明 岡山市保健所長
・松岡です・・・本日は、この大会に「サポータ-養成講習会」を入れて頂き、ありがとうございます。
・なぜ「サポータ-養成」が必要なのか?・・・“本人が頑張りましょう”で良いではないか?
と仰る方もいらっしゃいますが・・・。
・実は、イオンモールが出来た時、私は従業員全員にサポーター資格を取ってもらいました。
食べたい!という衝動が抑えられない方も来店するので・・・売り物を開封して食べてしまいます。
・その対処という意味もありましたが、周りのお客さんにも理解して頂きたいと思ったからです。
・本人の心掛けでは収まりません・・・周りの方が(理解して)関わっていくことで収まります。
※認知症は専ら「高齢者」というイメージがありますが、「若年者」にもあります。
・認知症は脳の特定の部位が衰えることで発症します・・・他の部分は大丈夫なので、「(本人の)自尊心・感情
を傷つけない」暴力沙汰に発展しない環境が必要です。
・脳には「五感」が有って、前頭葉は「コントロールと意欲」、頭頂葉は「身体の感覚・空間の認識」、側頭葉
は「記憶・聞くこと」、後頭葉は「見ること」、海馬は「覚えること」、扁桃体は「喜び、悲しみ」を担当していますので、単独又は複合で症状(感覚・行動異常)が表れます。
・認知症は大きく4つに分類できます。
① アルツハイマー型・・・比較的早い時期から「言葉認識障害」「図形認識障害」「記憶障害」「見当識(時間・空間認識)障害」「不安」「うつ」「妄想」「徘徊」が出ます。
※自殺願望も出やすいです。
②レビー小体型・・・「パーキソン症状」や「幻視」「妄言」を伴い、症状の変動が激しい。
③前頭側頭型・・・司令塔(コントロール部)を中心に障害が発生し、「我慢できない」「思いやりが出来ない」
「頑固になる」等、社会性が失われます。
④脳血管性・・・脳梗塞・脳出血・脳動脈硬化等で脳神経細胞が損傷し「意欲低下」「複雑な作業が出来ない」等の症状が現れます
⑤その他・・・アルコール中毒、AIDS、クロイツウェル・ヤコブ病等によるもの。
・一番表れやすい症状を図にすると、このようになっています。

情報を受け取る手が少なくなり、それを入れておく壺が浅くなっていきます。
・但し、「喉まで出かけている名前が思い出せない!」は、普通の「高齢化(老化)」ですので、安心してくだ
さい。
・理解に時間がかかり、考えるスピードが衰えることとか、同時に複数の仕事・判断が出来なくなったり、
旅行の計画が立てられない・家事の手順が解らなくなる等の障害は、アルツハイマー型の初期症状です。
※(アルツハイマー型は)「言葉(名詞)」関係が最初に衰えます・・・その為、逆に「愛想」は良くなります。
・ただ、(最初に言いましたが)自尊心は生きていますので、「叱る」ことは悪循環になり、「うつ」や
「精神障害」まで進むことがあります。
・他の(書記の)「顕著な症状」に、「物取られ妄想」が有ります。
※それに至る経緯が繋がらくなって、「あんたが取った!」になるのです・・・決して、責めないでください。
・徘徊は、地理が認識できなくなるからです・・・悲壮な様子で、手掛かりを捜しているはずです。
※ここに「サポーター」の仕事があります・・・「お困りでしょうか?何かお手伝いしましょうか?」と優しく声を掛けて、不安を解消してあげてください。
・予防としては、「脳トレ」が良いと信じられていますが、あまり効果は期待できません。
それより「運動」と「人付き合い」の方が良いです・・・外に出て、しっかり活動してください。
・その為には「環境」が必要です。
①困っていることを共感・理解すること
②自尊心も感情も働いていることを認識する
③自尊心や感情を傷つけると何も(出来ることも)できなくなる
④自尊心や感情を保てるかどうかは、周りの人(環境)次第
・子どもの育て方と同じです・・・叱らないで、見守って下さい。

連絡:岡山市高齢者福祉課  岡
・今日の講演は「認知症サポーター養成講座」を兼ねていますので、お帰りの時に【オレンジリング】を
お渡しします。
・どうか、認知症の方に「やさしく」接して下さい・・・接し方の事例は、テキストの21ページのあります。
・今、岡山市には23,000人の「認知症患者」がいますが、「サポーター」は人口の(たった)5%しかいません。
是非、「認知症サポーター養成講座」を受講され、「サポーター」として力をお貸しください。

投稿
吉房 順治 様

 

カテゴリー:未分類

SNS
検索
ページトップ