半田山植物園

半田山植物園(ウィキペディア)

handa3 handa1

半田山植物園(岡山市北区法界院3-1)とは

半田山に由来は、昔、秦(はた)なにがしという人が、この山に数十本の松を植えたという伝承から、秦山(はたやま)と呼ばれるようになり、さらになまって半田山となったといわれます。

この植物園は、昭和39年、半田山丘陵の東南山麓に、岡山市水道局が開設したもので、岡山市街地を一望できる日当りのよい半田山の丘陵地を、植物観賞はもとより、レクリエーションいこいの場として、ひろく市民のみなさんに利用していただこうと昭和39年5月に開園しました。
平成2年より岡山市への段階的移管が始まり、平成7年に完全移管されたものです。
面積約16ヘクタールに約3200種・約15万本の植物が、四季を通じて花が見られるように植えられています。
桜・つつじ・バラの開花期はとくに見ごたえがあります。
このほか、国内・外国の樹木園・竹・笹類の展示林もあり、温室では、各種の熱帯植物が栽培されています。

半田山植物園のブログ

■場所:岡山市北区法界院3-1

アクセス:岡山駅から岡電バス三野公園行き 植物園入り口下車。

 

 

SNS
検索
ページトップ