トップページ > グループ紹介 > 円山団地「ひだまりの会」

円山団地「ひだまりの会」

(平成29年4月現在)

設立

平成20年3月、町内会員相互の親睦と趣味を楽しむ会として発足しました。

円山団地町内会も、年々高齢化とそれに伴うひとり暮らしの高齢世帯が増えている現状から、お互い近所に住む方々に声をかけ、みんなで余暇を楽しみたいという思いから、50代、60代の仲良し女性グループが中心になって会を立ち上げました。

例会に集った会員の面々

役員

代表 竹中淑子

会員

年齢を問わず、町内会の住民等しく参加できる会を目指していますが、常時参加している人は、20名を数えます。その方たちの年齢も、50代から80代と幅広い層で構成されています。

運営

毎月第2水曜日を定例会と定め、円山団地町内会の集会所を会場に、午後1時半から4時頃までのおよそ2時間半、季節に合った和・洋菓子と飲み物を肴に、時間一杯おしゃべりを楽しんでいます。参加者は全員マイカップ方式で、カップの他、箸、スプーン、フォーク、皿などを持参し、終わった後の片付けを簡略化しています。

例会ごとの当番は特に設けず、早目に集まれる人がテーブルなどの準備をするやり方を通しています。

茶話会の後は、趣味の手芸などを、お互いを講師に楽しむこともしばしばあります。

毎月の会費は、実費300円を目安に多少の増減はあり、としています。

時には茶話会ではなく、外注の弁当による食事会や外に出かけて外食のランチ会を開いたこともあります。

あくまでも自主管理・自主運営を旨とし、役員もボランティアもなく、和気藹々と会の運営を進めているのが、この会の特徴と言えるかも知れません。

いつも、笑顔の集まりです。

(取材:松田、写真:薄)

↑このページの最上部へ

グループ紹介