新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材 厚生労働省

投稿日:2021年4月8日

令和3年04月08日(木)
厚生労働省

報道によると,厚生労働省は6日,接種を進めている新型コロナワクチンについて65歳以上の人を対象としたガイドを公開した模様です。「新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材」のページより閲覧できる模様です。

この案内は,ファイザー製ワクチンに関するもので,接種による効果,接種後に発現する恐れのある症状およびその可能性,接種前後の注意点,申し込み方法などについて説明しているようです。

新型コロナワクチンは2月17日より医療従事者などへの接種が開始,続いて高齢者,基礎疾患を有する人などの順に進めていく予定ということで,1度目の接種から3週間後に2度目の接種が必要。同省によれば,4月6日時点で99万6,058人が1度目の接種を受けているということです。

§外部リンク 厚生労働省 新型コロナワクチン接種のお知らせ(PDFファイル) https://www.mhlw.go.jp/content/000766194.pdf
§外部リンク インプレス「ケータイWatch」新型コロナ「ワクチン接種」はどう記録されるのか―小林大臣補佐官に聞く https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1316922.html

カテゴリー:おもしろ町内会めぐり

SNS
検索
ページトップ