会長挨拶

操南学区連合町内会会長就任にあたって

 毛利啓介全会長の後任に推挙いただきました。どうぞよろしくお願い致します。また、学区の各種団体の関係者の方々はもとより、学区の皆様には、日頃のご尽力、ご協力に対しまして心から感謝申し上げます。
 さて、学区の現状を見ると、多少の差はあっても、少子高齢化が進み、独り暮らしの高齢者、要援護者も増加しております。
 更には、新聞報道等でご承知と思いますが独居高齢者をターゲットとした特殊詐欺被害の拡大防止も必要であり、また、東北大震災後に懸念されている南海・東南海・東海連動型地震については、専門家によれば、過去の発生サイクルからしても、必ず起きるとの前提での各種防災対策が必要との事です。
 このように、取り組むべき課題は多い状況ですが、操南学区を住み良い地域にしていくために大切なことは、地域を知り、人交密度を高め将来の地域の姿を共有することが第一歩ではないでしょうか。そのために、電子町内会の運営関係者の方々には、各種情報の収集、提供をしていただきますようお願いいたします。
 最後になりましたが、学区の皆様のご理解と、より一層のご支援、ご協力を切にお願いいたします。

平成27年3月9日        
操南学区連合町内会    
会長 岩城孝行    

SNS
検索
ページトップ