ふれあい祭り実行委員会報告

投稿日:2019年8月5日

第20回翔け操南ふれあい祭り第1回実行委員会が8月3日(土)午後7時~操南公民館で開催されました。連合町内会を構成する役員、町内会長、諸団体役員等多数の方が出席され節目の20回ふれあい祭りを成功させようとの熱気が感じられました。主要な議事について報告します。

1.開催日時場所

令和元年11月17日(日) 午前9時開始、於桑野スポーツ広場

予備日11月24日(日)

2.開催の狙い

祭りを通して操南学区住民、諸団体及び企業が「交わり」と「連なり」を深め、学区の歴史・伝統・文化・物産の魅力を知り、先人の知恵と新田魂を継承し学区の活性化を目指す。

3.予算案

収入370万円、内105万円を寄付金で賄う事から町内会長の努力がポイント、さらに岡山市からの助成金40万円の前提としてリース料金(96万円)の節減を要請されている。繰越は139万円あるが次年度への繰り越しは130万円を割り込まないよう計画する。

4.今後のスケジュール

出展者会議、第2回実行委員会を10月下旬に開催する。

準備作業は15日(金)会場位置決め~16日(土)会場設営、祭り当日の片ずけ等多岐にわたります。みなさまのご協力をお願い致します。

5.その他

お宝人間表彰について片山様から問題提起がありました。100歳 3人、95歳 15人、と被表彰者が毎年増加する事、ほとんどが代理受賞で時間を要する事等々。岩城事務局長から本人出席のみを当日披露としてはとの意向が示され了承されました。

カテゴリー:操南学区連合町内会

SNS
検索
ページトップ