平成30年7月岡山豪雨 ~笹ヶ瀬川増水~平田付近

投稿日:2018年8月10日

7月7日(土)~8日(日)に豪雨が、岡山市・倉敷市に長く降り続き、いたるところ洪水の被害が出ました。倉敷市真備町と岡山市東平島の被害が甚大で報道のより多く皆が知っています。我が西学区内でも、床下床上の被害と笹ヶ瀬川の水位が上昇し堤防を越える危険な状態でした。

特に平田地区内の笹ヶ瀬川も、河川水位が異常に上がり地区内の各役員が出動し、警戒に当たっていた。平田新樋門では、今分団、地区役員が監視、土嚢積みして、堤防の開口部を塞いでいた。が増水が懸念されたため町内会に.7月7日朝4時過ぎ、土嚢積みの応援要請があり、出動した。

以後、水位監視に立ち、7月7日14時ごろには、小雨や児島湖の放流などで水位が減水し、堤防決壊、越流の心配はなくなった。なお、堤防土手内部の漏水が見つかり、8月6日、岡山県の河川担当者と堤防改修計画案の説明で来所したおり、堤防漏水の件は早急な対応を要望した。

豪雨から1ケ月経ちましたが、今後のためにと写真を掲載。西学区内の地理的状況の実態を知って頂き災害に備えていきたいと思います。

岡山市から配布された詳細版「岡山市防災マニュアル」及び、「洪水ハザードマップ」、「浸水(内水)ハザードマップ」を参考に、自分の身は自分で守るとの決意で、防災に対処していきましょう。(No.1121)

カテゴリー:topics

SNS
検索
ページトップ