御南中学校区の歴史講座 2017~史跡巡り~平田地区等~

投稿日:2017年10月14日

10月14日(土)、御南西公民館主催歴史講座~「御南中学校区の史跡巡り~平田・平吉地区等を歩いて巡ります~」を開催。

小雨が降る中、13名が参加。出井館長が挨拶、「御南中学校区の昔発見」パート④として開催します。今回は平吉村開墾の秘話を中心に4.2Km、約2時間のコースです。講師は中桐完ほか2人が担当しますと紹介。無事故で元気に行きましょうと、現地へ向かう。

公民館を南下し御南中学校の一角にある大森喜一先生の頌徳碑の前で昭和初期に御南中学校周辺の笹が瀬川改修に尽くされた話を紹介、続いて笹ケ瀬川堤防へ出て、開墾の一部の話をする。堤防の道を南へ、「平吉村の由来」の案内板の前で、360年位前に奥州仙台白石生まれの浦田新左衛門氏が斎藤氏の後を引き続き開墾した事が紹介し先祖の墓がこの地にあると、墓の横の文など見る。東に移動し、古い墓所へ移動し、浦田新左衛門の墓を見る。

東へ移動、平田公園で休憩。北へ少し歩き「平田の木野山様」へ住宅の一角にある、中桐さんからここに建てられたいわれを紹介、最後に平田公民館の前にある「平田の題目石」などの説明をし御南公民館へ帰る、館長から閉会の挨拶があり解散をする、一日有意義な歴史を学び楽しかった。感謝・・・(No.879)

++++++当日資料++++++++

        

カテゴリー:topics

SNS
検索
ページトップ