第10回今村地区に棲むトンボ・ヤンマ(2)

 
 現在,著者が在住している今地区の中仙道町内及び西小学校地区並びに御南小学校地区において、確認しているトンボ(蜻蛉)は、前々回掲載したイトトンボ(糸蜻蛉)は4種類、前回トンボ・ヤンマ(1)のハラヒロトンボ、シオカラトンボ、今回はトンボ・ヤンマ(2)の2回目です。

ナツアカネ

トンボ科アカトンボ亜科 アカネ属(和名) ナツアカネ
いわゆる赤とんぼと言われるトンボの代表は,アキアカネ・ナツアカネ・ノシメトンボの3種類です。
「夕焼け小焼けの赤とんぼ」と歌われている童謡がありますが正式に赤とんぼと名前がついているトンボはおりません。
この夏私が写真に撮れたのは残念ながら左記のナツアカネだけでした。
このトンボは,アキアカネとノシメトンボと同様,平地の池・沼や水田などいたるところで見られますが,他の2種に比べて数が少ないようです。
ナツアカネは6月上旬ごろ羽化し,日の当たらないような木陰で過ごし,秋になると真っ赤に色づいてきて,遅いものは12月ごろまで見られます。

ウスバキトンボ

トンボ科ウスバキトンボ亜科 ウスバキトンボ属  (和名)ウスバキトンボ
撮影地 自宅の畑
 秋に明けて,田んぼや畑・原っぱの上を,群れになって舞うナツアカネくらいの黄土色にだいだい色がかったとんぼです。
多くの人は,赤とんぼ(アキアカネ)とおもっているようですが,アカネ属ではないウスバキ科のトンボです。お盆の頃,畑や田んぼでたくさん目にすることから,地方によっては「盆とんぼ」や「精霊トンボ」と呼ばれています。
夏の甲子園球場で高校野球が行われているとき,テレビ画面に群れになって舞うトンボが写ることがありますが,あれがウスバキトンボです。
南方から世代交代をしながら海を渡ってくる南方系のトンボです。翅が薄くて大きくて,体のつくりが華奢で軽いことが長い飛翔が続けられる鍵になっているようです。

コシアキトンボ

 トンボ科ベニトンボ亜科  コシアキトンボ属
(和名) コシアキトンボ *撮影地―自宅近くの用水
 全身が黒色で,腹部の白い部分が空いているように見えるために名づけられた。成熟したオスは腹部の付け根が白色,メスと未成熟の雄は黄色。したがって写真のトンボはオス。 腹部の白い部分を,暗闇に輝く電灯に見立てて「電気トンボ」と呼ぶ地方がある。
分布は,本州・四国・九州・沖縄の平地から低地にかけて,沼や池や用水路に6月~10月頃まで普通に見られる。この写真は近くの用水上を飛んでいたのを捕獲して虫かごに入れて撮影をしたものです。
************************************************
 *****  昆虫図鑑などを参考に、トンボやイトトンボの仲間の分類は、概略次のようになっています。 *****
 ( 赤字は、今地区で確認し写真があるもの。)
トンボ目(蜻蛉目)
・トンボ亜目 
 ・トンボ科  
  ・ヨツボシトンボ亜科 ・(ハラヒロトンボ属)  ハラヒロトンボ
    ・(シオカラトンボ属)  シオカラトンボ
    ・他に(ホソアカトンボ属、 アジアアカトンボ属、
      シマアカネ属、 ヨツボシトンボ属)
  ・トンボ亜科  
  ・アオビタイトンボ亜科 ハッチョウトンボ
  ・アカトンボ亜科 アキアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネ、アイコアカネ、コノシメトンボ
    、ノシメトンボ、リスアカネ、ミヤマアカネ、ネキトンボ
    ショウジョウトンボ
  ・ベニトンボ亜科 コシアキトンボ
  ・ウスバキトンボ亜科 チョウトンボ、ウスバキトンボ、ハネビロトンボ
     
 ・ヤンマ科  
   ・アオヤンマ亜科; アオヤンマ、ミルンヤンマ
  ・ヤンマ亜科; カトリヤンマ、ギンヤンマ、クロスジギンヤンマ
  ・アオイトトンボ亜科; アオイトトンボ、オオアオイトトンボ
 ・サナエトンボ科  
  ・サナエトンボ亜科; ヤマサナエ、ホンサエ
  ・コガタサナエ亜科; ダビドサナエ、フタスジサナエ、オグマサナエ
  ・ウチワヤンマ亜科; ウチワヤンマ
  ・ムカシヤンマボ亜科; ムカシヤンマ
 ・オニヤンマ科  
  ・オニヤンマ亜科; オニヤンマ
・ヤマトンボ亜科; コヤマトンボ

 

・イトトンボ亜目   
 ・カワトンボ科  
  ・カワトンボ亜科; ヒナカワトンボ、ニホンカワトンボ、ミヤマカワトンボ、
    ハグロトンボ、アオハダトンボ
 ・アオイトトンボ科  
   ・オツネントンボ亜科; オツネントンボ、ハグロトンボ
     
  ・アオイトトンボ亜科; アオイトトンボ、オオアオイトトンボ
 ・モノサシトンボ科  
  ・モノサシトンボ亜科; モノサシトンボ
 ・イトトンボ科  
  ・ナガイトトンボ亜科; キイトンボ、ベニイトトンボ
  ・アオモンイトトンボ亜科; ホソミイトトンボ、アオモンイトトンボ
  ・イトトンボ亜科; クロイトトンボ
2014年11月5日 文責―中桐
西学区電子町内会
平成26年9月26日更新
SNS
検索
ページトップ