安全・安心

平井学区「安全・安心のページ」

平成24年9月15日(日)登録
平成28年3月16日(水)更新

 

総合避難訓練で那須連合町内会長を先頭に避難する平井学区の人々
2012(平成24)年5月27日

hinankunren

 

災害に強く、犯罪のない「安全・安心のまち 平井」の実現は、平井学区連合町内会の主要テーマであり、学区民みんなの願いです。

2011(平成23)年3月11日、わが国は不幸にも東日本大震災に襲われましたが、その前日平井学区連合町内会は、より安全な地域防災を目指して山陽学園大学と防災協定を締結。津波など万一の災害に備えて、避難所を確保する独自の行動を開始したところでした。

大学との連携を含むその多彩な取り組みは岡山市内でも注目を集め、テレビや新聞にも取り上げられました。2012(平成24)年5月には学区あげて総合防災訓練も繰り広げました。

 

■□…安全・安心 平井の取り組み…□■

「安全・安心」の地域づくりを目指す、これまでの平井の取り組みを紹介します。

土手町内会が防災土のう作り
  2012年10月7日

地域安全マップづくり
2012年5月28

平井学区総合防災訓練
2012年5月27日 

 

平井学区で歳末特別警戒
2011年12月28日

 

操南団地町内会の浸水被害を報告
2011年9月28日

公民館で災害図上訓練
2011年12月11日

 

 

交通危険個所の点検    2011年6月5日

 

山陽学園大学生と避難路の点検
2011年5月30日

山陽学園大学と防災協定調印
2011年3月10日

 

■□…平井学区の避難マップ2016…□■

マップⅠ(PDFファイル)へ マップⅡ(PDFファイル)へ

「災害時の避難路」 地震・津波・洪水・がけ崩れ等の災害時に必要な避難路の情報をマップ上に整理しました。

「小学生・地域住民の意見や指摘」平井小学校児童が作成した「地震・津波・洪水からの避難マップ」のまとめ ②平井住民のワークショップ「子どもと高齢者を守り、地震・津波等の災害に備える」で出た意見・指摘

制作:平井学区安全・安心ネットワーク
調査・意見収集・編集:山陽学園大学総合人間学部生活心理学科
住居学研究室

                                      

 

 

SNS
検索
ページトップ