トップページ > グループ紹介 > 富山小地域ケア会議

富山小地域ケア会議

(令和元年7月現在)

設立

平成22年8月31日

要支援者を対象に効果的な介護予防サービス等及び地域に則した支援体制を学区民みずからが総合的に調整・推進することにより、安全に安心して暮らせる地域づくりを図ることを目的に設立

構成員
地域側各種団体の会長及び副会長から12名
行政機関側支援を受け或いは連携する行政機関から8名
  合計20名(変動あり)
代表
小野田 利正 (設立時)
難波 徳行 (現在)
会議

毎偶数月の第一木曜日の13:30から2時間程度、公民館において開会

活動
■いきいきサロンの増設■安心カプセルの配布  ■安心カードの配布
■町民会員カードの発行■見守り・声かけ事業の推進
■共同募金の企業開拓■富山およろこびお裾分け基金創設
■富山助け合い隊の結成■その他多数

これからも行政側と協力し合いながら地域の方々(要支援者)が『健やかで幸せな生活を日々営めるよう』努力して参ります。

小地域ケア会議の様子

(文・写真:平井)

↑このページの最上部へ

グループ紹介